江戸の風情
あ だ ち 好 古 館
栃木県 栃木市 万(ヨロズ)町 4-2
TEL 0282-22-0149

外観 入口
ランプ
概要
江戸時代末期より呉服類を手広く商う卸問屋に生まれた初代安達幸七が主に蒐集した浮世絵類、書画、彫刻、古美術品、仏像等を中心とし、なつかしい古民具類等、蔵に眠っていたものを展示公開したものです。
展示室は全室百年以上前(文久3年建設 等)の土蔵倉庫で外界としゃ断され静かに鑑賞できます。
つかの間、古き時代を偲んでいただければ幸いです。
館主
開館時間午前10:00 〜 午後5:00
休 館 日毎週月曜日(祝祭日は開館)
入館料金大人400円 小中学生250円
(団体20名以上 大人350円 小中学生200円)
場  所"とちぎ山車会館"向かいのポケットパークに入って北側

3月の休館日
...日 ...月 ...火 ...水 ...木 ...金 ...土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月の休館日
...日 ...月 ...火 ...水 ...木 ...金 ...土
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
・休館を検討中・

周辺地図


1号室
歌舞伎絵 古民具等を展示
歌舞伎絵

江戸歌舞伎名場面錦絵
(豊国、国貞、芳年 他)


髪飾り、野がけ弁当、手あぶり、タバコ盆

2号室
浮世絵を展示


狩野常信
王親子虎狩之図
(金地着色六曲一双大屏風)


喜多川歌麿 筆
山姥と金太郎

3号室
東海道五十三次(版画)を展示
東海道五十三次 東海道五十三次
歌川(安藤)広重 筆
東海道五十三次(保永堂版 全55枚揃い)

4号室
有名人書を展示
書

頼山陽、大久保利通、勝海舟 書


乃木希典、鈴木貫太郎夫人 書

5号室
日本画を展示


河鍋暁斉、谷文晁 等


橋本雅邦 等

6号室
彫刻・甲冑 等を展示


甲冑、仏像 象牙の五重の塔 等


彫刻、写真画 等

7号室
古美術品 等を展示


インド渡来仏像、象牙細工 等


仏像、根付け、古代印鑑 等


---栃木市の観光案内---
栃木市街

★記念館共通券を発売中★
記念館共通券
あだち好古館400円4館で
⇒1500円
(小人900円)
岡田記念館800円
塚田歴史伝説館700円
とちぎ山車会館500円
通常の合計2400円
各館窓口で発売中


歌舞伎の豆知識
元禄年間(1688〜1704)に現在の様式が確立された歌舞伎(カブキ)は江戸庶民最大の娯楽であったのと同時にファッショントレンドの発信源でもありました。照明も音響設備もない時代ですから、役者達はきそって衣裳に工夫を凝らしたのです。
主要な役者の舞台衣裳は自前でしたので それらのファッションには歌舞伎役者の名前が付けられました。
そしてそれらを描いた役者絵や芝居絵が数多く出版され 今日まで残されているのです。
江戸三座というのは中村座、市村座、森田座のことで 年ごとに一年契約の役者と芝居作家を揃えて旧暦の11月1日に一座の顔見世狂言を行うのが決まりでした。このメンバーのまま演目だけを年に4〜5回変えるのが普通だったようです。内容も新鮮で滑稽で卑猥で残酷で お上が眉をひそめる程 熱狂的だったそうです。

東海道の豆知識
江戸幕府は大名の謀反(ムホン)を防ぐために「参勤交代」制度を導入しました。これは大名の妻子を江戸藩邸に人質にとり 大名自身も一年交代で江戸と国元を往復させるという制度です。
そのためもあって、東海道、中山道、奥州道中、日光道中、甲州道中の五街道は良く整備され、各所に関所、宿場、一里塚、松並木(杉並木)などが設置されることになります。
一方、江戸庶民の旅行はというと 意外なことにそのほとんどは農民の寺社詣(ジシャモウデ)(お伊勢参り)だったそうです。ですからその日程は春 田植え前の3月から5月(新暦)に集中していました。参勤交代の大名行列の時期も旧暦の4月(新暦の5月中旬〜6月上旬)と決まっていたようですから 当時の旅行業界自体が農民のアルバイトによって支えられていたのではないかと想像できます。

江戸時代の旅の豆知識
関所:江戸に向かう鉄砲、江戸から離れる女性を取り締まるための検問所。(箱根や荒井の関所が有名)
一里塚:街道の脇に4km毎に設けられた塚で、普通はその上に榎(エノキ)が植えられていました。
松並木(杉並木):日差しや風から旅人を守る目的で街道沿いに松や杉が植えられました。(15:吉原 26:日坂)
渡し舟:軍事上の理由で幕府が大河への架橋を禁じていたため 各地で渡し舟が活躍していました。(3:川崎 29:見附(ミツケ) 32:荒井)
川越し人足:同様に水深の浅い河では川越し人足が肩車や輦(レン)台で客を運んでいました。(10:小田原 18:興津(オキツ) 20:府中 24:島田 25:金谷)
留女(トメオンナ):宿場の繁栄は力ずくで旅人を旅籠(ハタゴ)に引きずり込む留女の双肩にかかっていました。旅人の荷物を引っ張るのがコツだったようです。(4:神奈川 36:御油(ゴユ))

広重の旅
徳川幕府は毎年2頭の馬を天皇に献上するのが慣わしでした。
東海道五十三次は 36歳の広重が天保3年(1832)夏の御馬献上の一行に加わった時のスケッチを元にして翌年出版されたものだそうです。
作品全体にそこはかとなく漂う旅愁は その季節が 旅人の集中する春ではないことに由来するのでしょう。そして その旅愁こそが東海道五十三次の魅力であり、江戸の人々に支持された最大の理由なのではないでしょうか。
そういう訳ですから、作品中に何度か登場する 大名行列 風の一行は幕府の 御馬献上 の一行と考えて良いようです。

東海道五十三次の舞台
江戸(エド)
1:日本橋 2:品川
相模(サガミ)
3:川崎六郷渡舟 4:神奈川 5:保土ヶ谷新町橋 6:戸塚元町 7:藤澤遊行寺 8:平塚 9:大磯 10:小田原酒匂川
駿河(スルガ)
11:箱根(関所で有名) 12:三島 13:沼津 14:原 15:吉原(白酒と肥後ずいき(サトイモの茎)が名物) 16:蒲原(カンバラ) 17:由井(ユイ)薩堆嶺 18:興津(オキツ)川 19:江尻 20:府中阿部川(きなこ餅が名物) 21:鞠子(マリコ)(とろろ汁が名物) 22:岡部宇津之山(串団子が名物) 23:藤枝 24:島田大井川駿河岸(川越し人足による徒(カチ)渡しで有名)
遠江(トウトウミ)
25:金谷大井川遠江岸 26:日坂(ニッサカ)佐夜ノ中山(わらび餅が名物) 27:掛川 28:袋井 29:見附(ミツケ)天竜川 30:浜松 31:舞坂 32:荒井(関所で有名) 33:白須賀汐見阪
三河(ミカワ)
34:二川(柏餅が名物) 35:吉田豊川橋 36:御油(ゴユ) 37:赤阪 38:藤川 39:岡崎矢矧之橋 40:池鯉鮒(チリュウ) 41:鳴海(染め物、有松絞りが名物) 42:宮
伊勢(イセ)
43:桑名 44:四日市三重川 45:石薬師寺 46:庄野 47:亀山 48:関
近江(オウミ)
49:阪之下筆捨嶺 50:土山 51:水口(ミナクチ) 52:石部目川ノ里 53:草津 54:大津(琵琶湖産のフナ(源五郎鮒)と災厄除けの大津絵が名物)
京師(ケイシ)
55:三条大橋

浮世絵版画の変遷
墨摺絵(スミズリエ):初期の浮世絵版画で墨一色で刷られた版画。
丹絵(タンエ):墨一色で刷られた版画に丹色(酸化鉛のオレンジ色)や藍色、黄色、草色を筆で着色したもの。(元禄〜正徳(1688〜1716))
紅絵(ベニエ):墨一色で刷られ